ズボラすーさん、世界を救う

”ズボラマミー”すーさんによるデジタル&子育て&moreライフ

【ブログカスタマイズ】カテゴリー表示を、タグクラウド風にしました


こんにちは、すーさん(@kobedzmint)です。
当ブログも記事が20本を超え、やっとブログらしくなってきました。記事が増える中でどんどん増殖していったカテゴリーを私なりに整理した結果、カテゴリー表示にタグクラウド風を導入いたしました。

そこで今回は、タグクラウド風の導入の経緯と私なりの考え方についてまとめたいと思います。

タグクラウド風にしました!

参考にしたサイト

以下のサイトを参考にさせていただきました。有益な情報をシェアしてくださっているみなさまのおかげて、当ブログのカスタマイズは成り立っております(感謝)。


タグクラウド風に変更を決めた理由

次に、カテゴリー欄をタグクラウド風に変更しようと決めた理由について、以下の3点を簡単にまとめたいと思います。

各記事の量が可視化できる

タグクラウドの最大のメリットは、なんといってもタグごとに記事の量が可視化できることだと思います。

記事が多ければ文字は大きく、少なければ文字は小さくなります。そのため、ずらっとカテゴリーが並んでいる状態ではわかりにくい、ブログの中でどのトピックが多くを占めているか、ということがひとめで理解することができます。

これは、当ブログにアクセスしてくださった方々に対して、どのような内容が中心的に書かれているか、ということを紹介するのに役立つのではないかと思います。また、タグクラウド風を見ることで記事の傾向がわかるので、いわばブログの「自己紹介」に近いものだと思います。

カテゴリーが無限に増えそうな予感がした

はてなブログは、1つの記事に対して複数のカテゴリーを設置することができます。当ブログの場合、1つの記事に対しておよそ3つのカテゴリー設定を、ブログの開設当初から行なっていました。

子育て×デジタル、をテーマに掲げている当ブログですが、その内容は実のところ雑記ブログに近いので、どんどん新しいカテゴリーが増えていきます。そして、そのカテゴリー内の記事は決して多くはありません。
このままではカテゴリーが無限に増え、訪問者にとって分かりにくくなる可能性が懸念されたので、思いきって、カテゴリーを「タグ」として扱うことにしました。

グローバルメニューとの兼ね合い

Pro化した際に、グローバルメニューを設置しました。グローバルメニューの設置に関しては、以下の記事でも触れております。

その際に、カテゴリー全てをメニューに設置するとごちゃごちゃしてしまい、かえって不便になってしまいそうでした。そこで、グローバルメニューでは「ABOUT(ブログについて)」、「CHILD(子育て)、「LIFEHACK(効率化)」、「DIARY(備忘録)」の4つのカテゴリーのみを記載しました。
各記事は、上の4つのうちのどれか1つに、漏れなく分類することができます。そのため、当ブログの「カテゴリー」としては、実のところ上の4つで十分、と考えることができます。

しかし、そうすると各カテゴリーに分類される記事の量が多くなり、上のカテゴリーだけではより訪問者がアクセスしたい記事を見つけるのが難しくなります
そのため、グローバルメニューに提示している4つを当ブログの「カテゴリー」として扱い、その他のカテゴリーも含めた全てのカテゴリーを「タグ」として扱うことにしました。

当ブログにおける「カテゴリー」と「タグ」について

次に、当ブログにおける「カテゴリー」と「タグ」について、現時点での私なりの考えをまとめたいと思います。タグクラウド風導入の理由とかぶる部分が一部ありますが、ご容赦いただけたらと思います。

「カテゴリー」=グローバルメニュー?!

当ブログにおける真の「カテゴリー(?)」は、グローバルメニュー欄に提示している、4つを念頭に置いています。
全ての記事は、いずれかのカテゴリーに該当するように気をつけています。

「タグ」は一押しキーワードに近い

当ブログでは、「タグ」として取り扱っているものは、ブログの構成上はもともとカテゴリーですが、実のところはカテゴリーというより、一押しキーワードに近いです。

ブログにある記事の内容を可視化し、訪問者の方に気になる記事を選択していただく上での参考になればと思っております。


まとめ

・カテゴリー表示をタグクラウド風に変更しました
・「カテゴリー」= グローバルメニューに提示したカテゴリー
・「タグ」= その他のカテゴリーも含んだ全てのカテゴリー
・「タグ」は、当ブログの一押しキーワードとして扱っています