すーさんログ

ズボラ×こそだて×デジタル,ときどきアナログ

【アプリ】睡眠分析始めました


本記事は、当サイト管理人すーさんが別に運営していたブログである「コーヒーブレイク」(休止中)より、転載したものです。

導入のきっかけ

しっかり寝ているはずなのに、朝目がさめると
すでに体が疲れている。
そんなことが続いて気持ちも体調も下り坂になってしまい・・・まずは睡眠を客観視しようと、睡眠分析アプリを始めました。

導入したのはこちら。Sleep Cycle。

Sleep Cycle: スマートアラーム目覚まし時計

Sleep Cycle: スマートアラーム目覚まし時計

  • Sleep Cycle AB
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

このアプリの特徴は、

  • 睡眠サイクルに合わせて目覚ましを鳴らしてくれるスマートアラーム機能
  • 眠りの浅さ深さをグラフにして分析
  • 万歩計機能もあり、睡眠との関連を分析
  • 快眠度をパーセンテージで表示

です。

毎日の睡眠を以下のようなグラフで分析してくれます。


こう見ると、自分の睡眠がこんなタイミングで浅くなってる!と気付いたり、意外な時間に眠りが深かったり。
記憶のない寝ている時間を客観視できます。

ヘルスケアとの連携

さらに、iPhoneですと、純正アプリ「ヘルスケア」との連携によって、就寝時間(寝ようと横になっている時間)と睡眠時間(実際に寝ている時間)とを区別してくれます。

ヘルスケアの説明によると、就寝時間と睡眠時間の差は以下の通り。

実際の睡眠ログ

例えば私の実際の就寝時間と睡眠時間のログ。


夜中に何度も目が覚めていることがわかります。
この日の朝は、目が覚めても疲れが取れておらず、どこかだるさを感じていました。

次にすごくスッキリした目覚めの日の就寝時間と睡眠時間のログ。


夜中にほとんど目が覚めていません。
この日は朝の目覚めも快適で、1日がとても過ごしやすい日でした。

睡眠ログを分析する

睡眠ログを眺めていると、疲れが取れていない時には夜中に何度も目が覚めていることがわかりました。
つまり、私の疲れをなくす鍵は、夜中に目が覚めないことにあったのです!
夜中に目が覚めていても実際は覚えていないことも多いので、睡眠ログを取り始めるまで、何度も夜中に目が覚めていることに気づいていませんでした。

毎日ログを取ることで初めて気づいた自分の睡眠トラブル。
気づくことができたことで、快眠度を上げる次のステップの検討に入れるようになりました。

なんか疲れてきたなと思ったら睡眠の分析。オススメです。