ズボラすーさん、世界を救う

”ズボラマミー”すーさんによるデジタル&子育て&moreライフ

【ブログ運営】メイントピックに「読書」が加わります!


こんにちは、すーさん(@kobedzmint)です。

本ブログは、「デジタル×子育て」をメインにブログを読んでくださる方の人生が楽になるような情報が提供できたらいいな、という思いからスタートしました。

10月からは、上のような信念のもと、新たな柱として「親子で読書」をスタートさせたいと思います。絵本や小説、実用書に学術的な話まで幅広く「読書」について触れながら記事を書いていきたいと思います。

そこで、今回は「読書」を本ブログのメイントピックとして追加するに至った経緯および今後の方向性やビジョンについてまとめたいと思います。

「読書」をメイントピックとして追加します

まずは、メイントピックとして「読書」を追加することにした経緯などについてまとめたいと思います。

追加の経緯

私にとって読書は小さい頃からの趣味でした。また、子どもが生まれてからは絵本に力を入れるなど、「本」は生活の中心にいつも位置付けられます。
そのため、ブログが軌道に乗ってくるにつれて、本についても何か綴りたいと考えるようになりました。

そこで、「読書」に特化した記事、特に子ども向けだけでなくおとな向けに私自身の読書についてもかけるような場を作ろうと思い、今回の決意に至りました。

特化ブログではなく本ブログ内に設置する理由

「読書」をメインにしたいと考えた時、最初に思ったのは、別ブログを始めることでした(実は、ブログ名まで考えてました!)。
しかし、①ブログの読者層が同じことが想定されること、②更新頻度の問題、から、特化ブログではなく、本ブログのメイントピックとして「読書」を加えるという結論に至りました。

本ブログの読者層と「絵本」の関係性

本ブログは、子育て中の方々、特に小さいお子さんをお持ちの方をメインターゲットとして想定しています。
そういう方々にとって、「絵本」というのは非常に興味のあるテーマなのではないでしょうか。
そのため、「読書」記事を本ブログで新たに始めるのことは、現在ブログを見てくださる方にとって有益だという考えに至りました。

更新頻度

ブログを複数運営すれば、その分記事を書く量を増やし、更新しなければなりません。
しかしながら、本業や子育てなどで忙しく、現在の状況でも毎日更新するのは難しい状況です。

そのため、複数ブログを抱えれば、更新に追われるうちに両方ダメになってしまうのでは、と思い始めました。それならば本ブログで書いて、更新頻度を保った方がいい!という結論に至り、特化ブログの開設は断念しました(現在のところは。いつか独立するかもしれません。)。

なぜ、本記事で宣言するのか

本ブログでは、グローバルメニュー欄に提示するカテゴリーのみをカテゴリーをして扱い、そのほかのカテゴリーに関しては、タグとして扱っています(→詳しくは、本ブログの過去記事「【ブログカスタマイズ】カテゴリー表示を、タグクラウド風にしました - ズボラすーさん、世界を救う」をご覧ください)。

私の中で、本ブログに「読書」として独立したカテゴリーを設置することは、本ブログの方向性やあり方を考え直すほどに大きなトピックでした。
なので、きちんと「読書」をメイントピックに加える経緯などを記録しようと思い、本記事を書くことにしました。

「読書」カテゴリーでしてみたいこと

次に、「読書」カテゴリーでしたいことをまとめたいと思います。何かを始める時が一番ワクワクする私ですので、したいことがいっぱいでとてもワクワクしてます。
このワクワクを継続させて、一つでも多くの有益な記事を書けたら、と思っています。

今週の一冊

我が子の通っている保育園では、週末ごとに絵本を借りて帰ることができます。好きに選ぶことができるので、子ども自身に毎回本を選んでもらっています。
その絵本がどれも素敵なものばかりなので、その借りてきた本を「今週の一冊」としてご紹介したいと思っています。

こどもにも大人にもおすすめできる絵本

絵本は子どもだけでなく、大人の琴線に触れるものもたくさんあります。文章、絵など心惹かれる点が多い絵本たちをご紹介したいと思います。

絵本は決して子どもの頃の一時的なものではなく、人生を通して楽しむことのできる立派な書籍だと思います。その思いを少しでもお伝えしたいと思います。

読書好きの方へ

本ブログで取り上げるのは、絵本だけでなく小説やノンフィクション、はたまた小難しい(?)専門的な本まで幅広いラインナップを予定しております。

一人でも多くの人に、「これを読んでみたい!」「楽しそう!」「興味深い!」と思っていけるような本を紹介していきたいです。

デジタル×読書の可能性を追求

本ブログでは、「デジタルアイテムで子育てを楽に」という思いがあります。デジタルは子育てだけでなく、その他生活そのものを変えることができます。
そこで、デジタル×読書、の可能性も探ってきたいと思います。

電子書籍

もともと紙媒体派だった私ですが、近頃は電子書籍を導入し始めました。専門書は手元に置いておきたいので紙が中心的ですが、雑誌や実用書、漫画は電子書籍を購入しています。

電子書籍導入のきっかけは、我が家の本棚が限界を迎えたこと。新たな本棚を購入するスペースもなく、”ものをふやさない”ようにするために、電子書籍を購入し始めました。

すると、電子書籍はスマートフォンからも読むことができるので出先で数ページ読んだりすることもできますし、読みたい!と思った瞬間に購入することができるので、とても生活に合っていることがわかりました。

今後は、この電子書籍についても記事にしていきたいと思います。

読書記録

自分の所有している本の全てを把握できていますか?今まで読んだ本を把握できていますか?
残念ながら私は把握できていません。
リストを作成しようとしたのですが、あまりの本の多さに断念しました。

しかし、この記録作りにデジタル化を組み合わせれば、今までできなかったリスト作成がとうとうできるのではないかと現在計画中です。
ぜひ、この点についてもお伝えしていきたいです。


まとめ

・メイントピックに「読書」が加わります!
・子ども向けも大人向けも取り上げます
・デジタル×読書の可能性も探ります