ズボラすーさん、世界を救う

”ズボラマミー”すーさんによるデジタル&子育て&moreライフ

【LINE活用術】LINEスケジュールで、日程調整を簡単にしよう!

f:id:kobedzmint:20180928140523j:plain
こんにちは、すーさん(@kobedzmint)です。
ママ友や友人とのやりとりはLINEがメインという方は多いのではないでしょうか。そんな方に、ぜひ活用していただきたいのが、LINEスケジュールです。

遊ぶ約束にランチ、飲み会や旅行など、日程調整の場はたくさんありますが、その際に個々でメールやLINEを利用して日程調整をしようとすると、時間がかかる上に調整を整理・まとめたり、ほかの人へ連絡してくれる人に負担がかかることがあります(こういう細かなことをしてくれる人ってだんだんグループ内で固定されると感じているのは私だけでしょうか?)。

そんな時に、LINEスケジュールを活用すれば、LINEで友達やグループ内での日程調整を簡単に行うことができます。
そこで今回は、LINEスケジュールで、日程調整を簡単にしょう!ということで、LINEスケジュール機能を活用した、日程調整についてまとめたいと思います。

LINEスケジュールの使い方

1. LINEを起動する*1

2. 画面下の項目から、「ウォレット」を選択します。

3. 「関連サービス」の中の、「その他サービス」を選択します。

4.「LINEスケジュール」を選択します。

5. 以下のような画面が出てきますので、「日程調整を始める」をタップします。

6. イベント作成、をタップします。

7. イベント名・イベント内容を記入し、日程を選択します。この日程は、複数日選択することができます。
これらが記入できたら、メンバー招待をタップします。

8. メンバー選択画面が表示されたら、招待したい友達やグループを選択します。
選択したら、招待ボタンをタップしてください。

9. 招待したい友達やグループに送信するメッセージの入力画面が表示されたら、メッセージを入力してください。
デフォルトでは、「イベントを作成しました。日程を回答してください。」というメッセージが入力されています。
送信するメッセージを入力し終えたら、送信をタップしてください。

10. これで招待完了です。
このあとは自分自身の日程を回答することができます。

作成したイベントを確認したいときは、1〜5まで上の通りに操作しますと、イベント作成の横に作成済みのイベントが表示されていますので、そこで確認することができます。

LINEスケジュールの具体的な活用場面

LINEスケジュールの活用場面は無限大ですが、ここでは具体的な状況を想像すべく、ママ友同士での調整という状況を念頭に置いて、いくつかの具体例をあげてみたいと思います。

ケース1 ワーママ飲み

児童館で知り合って仲良くなったママ友たちも、皆復帰し、ワーママへ。復帰後は、なかなか会うことができないので、やりとりはラインがメイン
そんな時に、一度子ども抜きで飲み会をしよう!という話になりました。

一人ずつ都合を言い合うと、誰かがその調整を行う必要が出てきます。それは、一人のママに負担を強いることになってしまうので避けたい。

そこで、候補日のみをいくつかあげて、細かな調整は個々人で行なった上で、LINEスケジュールを活用して調整することに。
LINEスケジュールは記入すれば、自動的に選択肢の中でどの日が最もみんなが集まれるかを提示してくれますから、一目でどの日がいいかがわかります
無事に、スケジュール調整を行い、飲み会を開くことができました。かんぱーい。

ケース2 ママ友ランチ会

普段は児童館であったり、道ですれ違ったりするもののなかなか一緒にご飯を食べようということにはならないママ友たちと、せっかくだからランチをしようという話になりました。どうせなら、と顔見知りの方たちに声をかけると10人ほどの大所帯になりました。
それでは調整をする側も大変です。

そこで、せっかくライン交換していたのだからと、ランチ会に参加するママ友のライングループを作成して、LINEスケジュールで調整することに。
なかなか全員で集まることができないので、直接会っての調整だと時間がかかりそうなですが、LINEスケジュールならば、忙しい子育てや家事の合間にさっと記入するだけで大丈夫です。そのため、個々の負担にもなりません。
少し先の日程を候補にすることで、回答時間に余裕を持たせることもできます。

ママ友以外だって、幅広く使えます!

日程調整はママ友に限りません。久々に会う高校時代の友人、職場の同期、はたまたいとこ一同など、日程調整を行なう相手はたくさんいます。

LINEスケジュールなら、離れた場所にいても簡単に日程調整を行うことができます。
ぜひ一度、活用してみてください。


▼合わせて読んでいただきたい記事はこちら▼


*1:iPhone7での操作を念頭に置いています。