ズボラすーさん、世界を救う

”ズボラマミー”すーさんによるデジタル&子育て&moreライフ

【子育てメモ】季節の変わり目に…アウターを着たくない子どもへの対処法


こんにちは、すーさん(@kobedzmint)です。
11月に入り、秋どころか冬に近づいています。保育園の行き帰りは寒くなってきたのでアウターを着せようとしたところ、「着ない!」と拒絶されました。
その後、毎日拒絶され、強制的に着せればぎゃん泣きし続けて根負けしてしまう日々を送っております。

このままでは体調を崩してしまう!と思い、保育園の先生からアドバイスをいただきました。先生からのアドバイスは、「今まで着ていなかったものを着せられることへの抵抗・拒絶である可能性があるのでまずは褒めつつ誘って着せること」と「毎日同じ場所・同じタイミングで着せることにより習慣化する」ことの2点でした。

そこで今回の記事は、季節の変わり目に…アウターを着たくないこともへの対処法として、着たくない本人の主張および先生からのアドバイスをまとめたいと思います。

2歳児のこだわり?アウターは着ない!

子どもの体温は高いので大人より薄着でいい、とはいえ11月になるとそろそろアウターも着せたいと思う頃です。特に我が子の場合は保育園の方針もあり、まだ半袖を着ている日もあるため、行き帰りはぜひともアウターを着てほしい。

のですが、冒頭でも述べた通り、本人はアウターを着るのを拒否する日々
本人には本人の主張があるらしく、ただ泣くだけではなく説明をしてくれるのですが。。。

近頃の服装 薄手長袖or半袖と長ズボン…にアウターを着せたい!

11月上旬、最高気温は20度前後、最低気温は15度くらいの日々を過ごしております(関西では)。
保育園内はきちんと湿度と温度が管理されているため、基本的には薄着で過ごしています。まだまだ半袖を来ている子もいます(中には、一年中半袖の子もいるとか!)。

我が子の服装は、半袖肌着+半袖シャツもしくは薄手の長袖+通年使用の長ズボン。保育園の入園していなかった昨年の同時期よりも、薄着で過ごしています(去年が着せすぎだったのかしら?)。

保育園内はそれでいいとして、通園時の朝晩は上のような格好では心もとなくて、薄手のアウターを用意しています。が、着ません。

本人による着たくない理由

アウターを着ない時、本人はただ泣くのではなく、「さむくない」「(今来着ている服が)かっこいいから」と着たくない理由をきちんと述べます
的外れなことではなく、筋が通っているかのような理由を述べるので、「そっか・・・じゃあ(着なくてもいいよ)」と言いそうになってしまうこともあります。

「ちゃむくない!」(寒くない)

本人の主張その1は、寒くないからアウターは着ない、と言うものです。
アウターを着るのは寒いから、と言うのがきちんとわかっているからこそ言えるこの主張。寒くないならしかたないよね、と言いたくなるところですが、すでに日も沈んだお迎えの時間は決して寒くないで済ませられるものではありません。

本当に寒くないのか、アウターを着たくないから寒くないと言っているのか、本当のところは周囲には分かりません
しかし、まだまだ子も小さいので、アウターを着た方がいいかどうかは周囲の判断に寄るしかないので、たとえ本人が寒くないと言っていても気温や時間によっては着せなければなりません。
難しい限りです。

「(今着ている服が)たっこいいから!」(かっこいいから)

近頃服に対するこだわりが増えてきた我が子。例えば、「アンパンマンの緑の服!」といった具合に、かなり具体的に着る服を指示されることもしばしば。

そんなこだわりの強い我が子にとって、今着ている服がかっこいいんだからアウターは着たくないと言うことになります。
今着ている服の上から着るのであって、脱ぐ必要はないと言うことはいつも伝えるのですが、なかなか納得せず。

本人には本人の主張があり、せっかく主張ができるようになったのだから尊重したい気持ちもありますが、なかなか難しい限りです。

先生が着せればすんなり着るのに・・・

ちなみに、母が着せると全力で嫌がるにも関わらず、保育園の先生からならばすんなり着る我が子。
母と先生とでは、対応を変えているようです。

先生からのアドバイス

毎回アウターを拒否され困っていた際に、保育園の先生に相談する機会がありました。

その際に頂いたアドバイスは、①着ないのは今まで着ていなかったから、②いきなり着せずに、着ようねーと誘うことからスタートすること、③そしてさらにアウターを厚手のものにするなど変化した時は、きちんと説明をする、という3つのアドバイスをいただきました。

嫌がる理由は「今まで着ていなかった」こと?!

アウターを着たくない理由として先生がまず話したのは、今まで一枚で過ごしていてアウターを着ていなかったのに、突然アウターを着せられるようになったことに戸惑って着たがらない、と言うことでした。

大人ならば、衣替えという概念もありますし、寒ければ上に何かはおろうという考えになります。
しかし、小さな子にとっては、アウターは突然着せられる得体の知れないもの。まさに青天の霹靂です。

アウターを着る=いつもと違う、ということでアウターを着ることを拒否し、いつもと同じようにアウターを着ない状態でいようとするのです。

大人にとっては理由もわかっている当たり前のことであっても、子どもにはそれは通じません。

いきなり着せるのではなく、着ることを誘うことからスタート

嫌がる理由が「得体の知れないものは着たくない!」ということなので、もちろんいきなり着せるのはNG

着せる時は、まず、「かっこいいジャンバー着てみよっか?」「ここにおてて通せる?」とアウターを着ることを誘うことからスタートさせることが良いとアドバイスをいただきました。
朝は時間もなくてバタバタしてしまい、つつい無言で服を着せてしまう毎日でしたが、きちんと声かけをせねば、と思います。

アウターを厚手のものに変更する時にはさらに説明を

秋から冬にかけて、着せるアウターは変化します。最初は薄手のものも、真冬はダウンなど厚手のもの。
アウターを変更するときも、「寒くなって着たから暑いジャンバーにしようね」などきちんと説明してから変更するようにした方が良いとアドバイスをいただきました。

子育てに大切なのは、説明すること

今回の件を含め、様々なことで保育園の先生方に相談する機会があるのですが、その度に、子育てに大切のは、きちんと子どもに説明すること、だと気づきます。

保育園の先生は、まだおしゃべりもできない小さな子に対しても、時には敬語を用いて、丁寧に接しています。もちろん、きちんと子どもに対してわかりやすく説明をし、カタコトの言葉であっても子の主張を傾聴し、きちんと聞いてくれています。

子育てをしていると、日々の時間に追われてしまい、つい言葉にすること、説明することを忘れがちになってしまします。
子どもが小さいと、「どうせ説明しても分からないだろう」と思いがちです。

しかし、そのような思い込みを捨て、子どもを一人の人格として尊重して丁寧に接することが大切ではないか、と保育園の先生方を見ていると感じます。
そのような接し方を意識して、きちんと子どもに説明をすることが、実は「着てくれない」「してくれない」ということを解決してくれるのかもしれません。