ズボラすーさん、世界を救う

”ズボラマミー”すーさんによるデジタル&子育て&moreライフ

【絵本について】月刊購読で悩まない!絵本の選択肢としての「こどものとも0.1.2」や「こどものとも年少版」


こんにちは、すーさん(@kobedzmint)です。

子どもが少し大きくなって来ると直面する問題、それは絵本
絵本の読み聞かせをしようと書店の絵本コーナーに足を運べば、ずらっと並んだ大量の絵本を前に怖気付くこともあります。一体、月齢にあっていて子どもが気にいるような絵本をどのようにして選べばいいのか、と途方にくれたこともあります(私だけでしょうか?)。

そんな絵本選びに悩んでいる方達にオススメしたいのが、絵本の月刊定期購読です。

そこで今回は、定期購読で悩まない!絵本の選択肢としての「こどものとも0.1.2」や「こどものとも年少版」として、私も活用している福音館書店の月刊誌について紹介したいと思います。

全力でおすすめ!「こどものとも」シリーズ

「こどものとも」とは

まずは、「こどものとも」について簡単にまとめたいと思います。私は絵本について話したママ友にはほぼ「こどものとも」を薦めるほどの「こどものとも」ラヴァーです。

その熱意が本ブログにも現れるかどうか…頑張ります。

出版社

福音館書店

シリーズ

ものがたり絵本
・こどものとも0.1.2(対象:10ヶ月〜2歳)
・こどものとも年少版(対象:2歳〜4歳)
・こどものとも年中向き(対象:4〜5歳)
・こどものとも(対象:5〜6歳)

かがく絵本
・ちいさなかがくのとも(対象:3〜4~5歳)
・かがくのとも(対象:5〜6歳)

その他、小学3年生以上を対象とした「たくさんのふしぎ」、保護者を対象とした「母の友」があります。

出版頻度

上のシリーズはいずれも、月に一度、月初めに発売されます。月刊誌ですもの。

「こどものとも」公式ホームページ

「こどものとも」について詳しく知りたい方は、以下の公式ホームページを参照なさるのが一番かと思います。

おすすめポイント

次に、「こどものとも」は本当に素晴らしいけれども、特にここを全力でおすすめしたい!というポイントを4点まとめたいと思います。

悩まない

なんといっても、絵本選びで悩まないというのが一番大きなおすすめポイントです。

絵本はベストセラーから新刊まで本当にたくさんのものがあります。そんな多くの本の中から、子どもの月齢に合っていて・興味関心を引き・内容的にも優れたものである絵本を選ぶ労力は計り知れません

しかし、「こどものとも」シリーズならば毎月月齢にあった本を労力ゼロで購入することができます。

安心の老舗出版社

1956年に「こどものとも」は刊行されています。「こどものとも」を出版する福音館書店は絵本のベストセラーを多く出版しています。五味太郎さく『きんぎょがにげた』や、かこさとしさく『だるまさん』シリーズなど誰もが知っているベストセラーがあります。

福音館書店なら安心、という安心感さえ私にはあります。月刊誌を選択する中で、「こどものとも」を選択したのも、福音館書店への信頼があったからです。

価格がお手頃

なんと、420円(税込)

しかも、「こどものとも0.1.2」の場合はしっかりと加工してあるので、こどもが舐めてもかじってもお茶をこぼしても、大丈夫です。この丈夫さ、とてもありがたいです。牛乳こぼしてもなんとかなりました(実体験)。

自宅配送も可、かつ近所の本屋さんでも買える

「こどものとも」は定期購読することができるので、送料はかかりますが毎月自宅に届きます。書店へ寄る余裕もない忙しいママたちにとってありがたいシステムです。

また、直接手に取って購入したい場合は、書店で購入することができます。だいたいどの書店でも取り扱われているという印象なので(印象、なので実際ご近所の書店で取り扱っているかは、直接確認してください)、入手しやすいかと思います。

実録!我が家における「こどものとも」導入の経緯と感想

「こどものとも」について触れたところで、それでは実際我が家がどうして「こどものとも」定期購読を導入したかと、導入後の変化についてお伝えしたいと思います。

ノンフィクションです!

経緯

導入理由は大きく分けて2点あります。それは、時間的に余裕がなくなったことと、絵本を選ぶストレスを感じ始めたことです。この2点について、以下でもう少し詳しく述べたいと思います。

保育園に通いだして書店に行く時間が激減

我が家が「こどものとも」購入を始めたのは、2018年2月。保育園入園が決まり、準備などで慌ただしくなり始めた頃でした。

準備を進めるうちに、絵本をゆっくり買いに行ったりする時間が今後なくなるかもしれないという不安が生じ始めました。絵本は子どもに用意したいが、そのための時間が取れなくなるかもしれない、と。

そこから調べるうちに、「こどものとも」の存在を知りました。福音館書店が出版している絵本はすでに何冊かもっていたので(安西水丸さく『がたんごとんがたんごとん』、林明子さく『おつきさまこんばんは』など)、福音館書店ならば、と試しに「こどものとも0.1.2」を書店で購入したところとても子どもがその絵本を気に入りました。

なので、そこからは定期購読にし、毎月購入しています。子どもが2歳の誕生日を迎えてからは、「こどものとも0.1.2」に加えて、「こどものとも年少版」を購入し始めました。

絵本の選び方がわからない!

どんな絵本を買ったらいいのかわからない、というのは私の最初からの悩みでした。書店に行っても絵本がたくさんあって、どれがいいのかわからない、と絵本売り場で延々悩んでいました。

そんな私がまず始めたのは、「ベストセラー」を買うことでした。長い年月多くの子達に読み継がれている絵本ならば間違いないだろう、とそのような思いからベストセラーを購入していました。

しかし、その選び方ではクオリティーは保たれるかもしれませんが、月齢にあっているかというと自分ではよくわからないのです。多分このくらいかな、と書かれている目安に沿って買っていましたが、自分自身できちんと判断できているとは言えない状態でした。

「こどものとも」について調べているうちに、月刊購読することは単に絵本を購入する時間をカバーするだけでなく、私の最大の悩みであった「絵本選び」をもカバーしてくれるのではないか、という考えに至りました。この点は、時間の問題以上に、定期購読への背中を押してくれたように思います。

導入後

時間的な問題と絵本選びのストレス、この2点から「こどものとも」の定期購読をスタートしましたが、本当に導入してよかった!と思います。

子どもも気に入って、親の負担も減らす、絵本の定期購読はいいことづくめでした。

全ての号がお気に入りに

一番驚いたのは、今まで購入した「こどものとも0.1.2」と「こどものとも 年少版」の全てをとても気に入ってくれたということです。

好き嫌いもあるし好みもあるから最初は気に入っても次号はダメではないか、と思っていたのですが、なんと毎月購入するごとに「これ読んで!」「もっかい!とお気に入りの絵本になるのです。

とても驚いたと同時に、さすが老舗は違う!と福音館書店への信頼がますます厚くなりました。

絵本を定期的に購入しているという安定感

1ヶ月に一度、「こどものとも0.1.2.」と「こどものとも 年少版」を購入するので、毎月きちんと絵本を新しく買っている、という安心感というか自己満足があります。

きちんと絵本を!と強く考えていた私にとって、ほぼ労力ゼロで毎月質の担保された絵本を購入できることは本当にありがたいシステムです。

絵本選びから解放された

なにより、私の最大の悩みであった「絵本選び」から解放されました!素晴らしいです。その一言で全てが語れます。素晴らしい!

以上です!